10月25日のキーノート生放送を見逃した方のために!

2020年に向けたファンの形とは?

Socios.comの元となるアイディアは、弊社が元々行なっていたGPL(グローバルポーカーリーグ)事業から生まれたものでした。どうすればファンをもっと巻き込んでいけるか?どうすればファンに「声」を与えることができるのか?このようなことを考えていくうちに、ChilizとSocios.comの元となるアイディアが生まれ、上記のような問題を解決できるプラットフォームの開発を始めました。

2020年にはファンはどのように定義されているでしょうか?一つ覚えておくべきなのは、世界の99%のファンはスタジアムに通い詰めているわけではないということです。スポーツはすでに世界的な現象となっており、近年のSNSや国際放送、そしてスター選手の登場等によってその勢いは止まることを知りません。チームが拠点を置く場所や都市の外の方がむしろファンが多く存在しているのです。こうした背景からスポーツチームとファンの関係性にも変化が生まれてきました。Socios.comはクラブチームとファンの間をつなぐ架け橋となり、双方の関係性にさらなる変化をもたらします。サポーターの人々は弊社が提携を結ぶクラブチームが発行するファントークンを購入し、投票や市場調査に参加することが可能となります。これにより、ファンはクラブチームが下す判断事項に対して影響力を保持することができ、クラブチームは自らのファンベースと更にアクティブな交流を図ることが可能になるのです。そして世界中どこにいても関係ありません。

競合&市場について:ブルーオーシャン対レッドオーシャン

現時点では弊社の競合となる存在はいないと思っています。スポーツ関連の暗号通過プロジェクトはたくさんありますが、弊社と同じビジネスモデルで事業を展開している企業はありません。まず一つは私たちはクレイジーだということ。そしてどのプロジェクトよりも先立って事業を現実に転換できている時点で、類似した業界の中でも既にリードできていることが背景にございます。世界の著名なフットボールクラブと提携していることも相まり、将来的に提携チームは増え続けていくでしょう。パートナーチームが増えれば増えるほど、ユーザー数も増えていきます。このように弊社は大規模なユーザーベースを抱えていくため、多くのスポーツチームが弊社との提携に非常に高い関心を抱いています。そして何より、弊社のユーザーは自身が応援するチームに対して熱狂的だということも忘れてはいけません。

私たちはまだ完全に開拓されていないブルーオーシャンで事業を展開できていることを非常に嬉しく思っています。私たちは競合企業がいないマーケットに身を置いているのです。先ほど申し上げたように同じビジネスモデルを掲げている企業はおらず、ウォレットや取引所のような暗号通貨業界の中でもレッドオーシャン化してしまったテリトリーとも関係がありません。様々な市場機会や収益性が期待されていますが、弊社の目的は技術革新をもたらすことではありません。だからこそ弊社は現時点で実在するプロトコルを活用してビジネス展開をしているのです。私たちのミッションは世界最大の一般消費者向けブロックチェーンアプリを作り上げることなのです。

また、弊社は非常に才能豊かなチームに恵まれています。プロダクトのローンチも間近に控えており、スポーツ界の巨人たちと提携を結んでいます。そして戦略的パートナーとしてBinanceも迎えています。こんなに幸せなことはありません。

強力なブランドを作り上げるために

新たに市場参入するにあたり、もちろん私たちもスポーツ業界と暗号通貨業界の双方で名を馳せるためはもちろん、プロダクトのローンチに向けてオーディエンスを獲得するために、ネームバリューを確立していく必要がありました。過去18ヶ月の間はPR、教育、そしてSNSを通したオーディエンス獲得に注力してきました。提携チームのブランド力の活用はもちろんですが、クラブチームもChilizとSocios.comの宣伝を積極的に行なっていきます。また、ファンの方々に試合観戦チケットのプレゼントやVIP体験をしてもらうことによって、Socios.comを使うことによるメリットを味わってもらうこともできました。このようにまずは無料で実際に体験してもらい、気に入ってもらうことにより、さらなる需要を作り出していくことが時には非常に効果的なのです。弊社のSNSアカウントをご覧いただければ私たちがどのように事業を展開してきたかお分かりいただけると思います。プロダクトがまだ世に出ていないのにもかかわらず、既に8万人を超えるフットボールファンが会員登録を済ませており、熱狂的なファンベースが出来上がりました。

ですが、まだまだこれからです。今年度のフットーボールシーズンには、2000枚の試合観戦チケットとVIP体験キャンペーンを行う予定ですし、全てのマーケティングを提携チームと一丸となって進めていく予定です。

アプリローンチはもちろん、スケジュールが発表されたFTOの開催に向けてチーム総動員で準備を重ねています。時には皆さんが思っている以上に時間がかかってしまうことがありますが、ご理解いただけますと幸いです。ファンの教育に加えて、見込み客の獲得、そして実際にファントークンのユーザー/ホルダーになってもらい、ユーザーを保持することをしていく必要があります。そしてなにより、私たちのビジネスはBtoCであって、一般消費者向けの製品を開発しているということを覚えていただけますと幸いです。

Socios.comアプリの早期リリースについて
お気づきになった方もいらっしゃると思いますが、過去数週間はアプリの早期リリースに向けて準備を重ねてまいりました。ユベントスのホームスタジアム「アリアンツスタジアム」でのLED看板の内容に変更を加えたほか、#wearesociosのハッシュタグが二日間トレンド入りを果たし、ユベントスファントークンへの期待の高さを感じました。その中で、Socios.comアプリのダウンロードが来たる11月6日に開始することをお知らせいたします。ここに来るまで沢山の時間がかかりましたが、今回の早期リリースは暗号通貨業界でいう「テストネット」にあたるもので、初期ユーザーのみなさまにアプリを使用していただくのはもちろんですが、アプリの問題点の発見やデバッグ、そして11月に開催される史上初のユベントスファントークンファントークンオファリングに向けた準備を行なっていく目的も含まれています。

FTOのスケジューリングについてですが、提携チームとのスケジュール調整(チームは試合やチャンピオンズリーグはもちろん、弊社以外の提携企業との折り合いもあります)も効率的に行なっていく必要があります。ユベントスは この点において非常に協力的で、SNSキャンペーンの直後に、Socios.comアプリのダウンロードリンクが同チームのユーザーベース全体に向けて送られます。

上記に加えて、「無料体験」を武器にさらなるユーザー獲得に向けて動いていきます。ローンチされた時点から2020年の1月末までに、弊社が開発する拡張現実機能「トークンハント」を通して総2500万枚の$CHZトークン5万枚のユベントスファントークンを無料で獲得いただけます。ユーザーは毎日トークンを集めることができ、地域限定で大量の$CHZトークンとファントークンが開放される特別なトークンハントに参加することもできます。

無料で獲得いただけるトークンと購入したトークンのユーティリティに違いはございません。

ユベントス以外のクラブチームのファントークンをハントもしくは購入したいユーザーは少々お待ちください。FTOの第一フェーズスケジュールについては以下をご参照ください。また、まだ提携を発表していないクラブチームのFTOが第一フェーズの期間内に開催される可能性がございます。現在提携しているすべてのクラブチームのファントークンは来週ミントされ、ローンチの時点でアプリに表示されます。総サプライやFTOキャップを含むファントークン情報についてはFTOの開催時期周辺に発表する予定です。

Socios.comアプリはファン(スポーツファンおよび暗号通貨ファン)に向けて開発されています。皆様のフィードバック、ご意見をお待ちしております。


製品機能(フェーズ1)
フェーズ1のアプリでは多言語対応はもちろん、以下の機能が実装されます:

  • トークンハント:$CHZトークンとファントークンを無料で獲得できる拡張現実機能(ポケモンGOを思い浮かべてください)
  • フィード機能:アプリやクラブチーム関連コンテンツが表示されるニュースフィード
  • 投票機能:弊社が提携するクラブチームはそれぞれ、シーズン中に特定数の投票もしくはアンケートを開催することが義務付けられています。投票の中には、クラブチームが投票結果に絶対的に従わなければならない「Binding(バインディング)」投票も含まれます。現実的に考えて、チームの戦術や監督の交代等に関する投票は行われませんが、この投票機能によってファンは今までにない影響力を保持することが可能となり、クラブチームにとってはファンの関心を惹きつけるための強力なツールとなることが予想されます。

実装予定機能:

  • マーケットプレイス機能:数あるブロックチェーン企業の中でも(取引所やウォレットは除いて)ICO以外の方法で売り上げを上げていくビジネスモデルを有する企業は少ないでしょう。2020年のQ1に実装される弊社のマーケットプレイス機能を使えば、$CHZ建でのファントークンの売買が可能となります。マーケットプレイスの仕組みはebayのようなもので、ファントークンが売却される毎に手数料が発生します。これにより、FTO以外にも安定的で継続的な収益を上げていくことが可能となります。最初の数ヶ月の間は、ファントークンの購入のための$CHZの購入(またはデポジット)のみが可能となり、Socios.comプラットフォームの外に$CHZを送ることはできません。プラットフォーム外へのトークン送金機能は弊社のトークンエコノミーの十分なテストと十分なユーザー/ファンの獲得と流入が確認されてから実装されます。
  • Sociosトレーディング機能:上級者向けのマーケットプレイス機能とお考えください。ある程度のトレード経験を持つユーザーはこのSociosトレーディング機能を使ってファントークンの売買を行えます(FTO後)。アプリ内には実装されませんが、ユーザー体験のゲーミフィケーションの観点では重要なステップと考えています。

  • リーダーボード機能:アプリの使用に基づいたユーザーランキングを算出するアルゴリズムを開発しました。例えば、投票であったり、友人の招待であったり、アプリ内でのすべてのアクションに対してポイントを獲得することができます。アプリを使えば使うほどスコアが伸び、ランキングとして反映され、報酬を獲得できたり、アプリ内で存在感をアピールすることが可能となります。VIP体験のような報酬はこのように獲得されるでしょう。他のプラットフォームでは、試合観戦チケット等の報酬を獲得するためには運に左右される部分が大きいと思いますが、Socios.comでは運は関係ありません。上記のランキングによって報酬が与えられる仕組みとなっています。
  • チャット機能:同じトークンを所有するホルダー同士であれば、「クラブグループ」内でチャットをすることが可能となります。
  • ソーシャルコネクション機能:他のソーシャルを使っている友達と繋がることができます。これにより、友達のアクティビティもニュースフィードで確認することが可能となります。
  • ファンショップ機能:お持ちの$CHZを使って、限定グッズやその他のデジタルグッズを購入することができます。
  • Sociosカップ:スタメンやサブメンバーを含む試合の全容に対してファンが影響力を持つことができる、著名クラブとタッグを組んで行うエキシビションマッチの共同開催 ※あくまでアイディアとして浮上しているものです。
  • ファンチェーン機能:世界中どこにいても、ファントークンを保有する友達と一緒に試合を観戦することによって報酬をもらえる仕組み。
  • さらなるチーム&スポーツジャンルの追加:更なるフットボールチームやeスポーツチームの追加の他にクリケット、バスケットボールにも注力していきます。現時点で巨大なeスポーツチームとの協議を重ねており、League of Legends、CSGO、PUBG、Fortniteといったタイトルをプレイするチームが含まれます。これから1年の間に追加されるスポーツチームとも協議を重ねており、Q2には特定のスポーツジャンルでの発表をできるよう準備を進めています。
  • さらなるゲーム機能&その他機能の追加:将来的にはサードパーティにもSocios.com用のゲームやChiliz用の機能を開発してほしいと考えています。現時点ではイーサリアムとバイナンスチェーンを使用していますが、これからも継続的に他のプロトコルやレイヤーにも着目していきます。

取引所上場&決済に関する戦略について
私たちは50カ所の取引所に上場したいとも、しようとも思っていません。現在私たちにとって最も重要なのはプロダクトです。プロダクトを成功させるために、世界トップクラスのトレーディングパートナーと提携したいと思っています。11月にはフィアット建の取引所二カ所への上場を予定しているのに加えて、トルコと韓国の取引所への上場も目標として設定しています。

一般消費者向け製品だからこそ、ファントークンの購入は簡単である必要があると考えます。一般消費者向けアプリということは、一般的に浸透した決済方法を導入すべきなのです。幸いなことに弊社チームは決済においてかなりの経験を積んできました。スムーズなファントークン購入をしてもらうために、PaySafeやSkrillといった複数の決済サービスプロバイダと提携を結びました。

  • Socios.comでは既に法定通貨での支払に対応しています。すなわち、お持ちのクレジットカードやデビットカードを使ってアプリ内で$CHZをご購入いただけるということです。変換レートはCoinMarketCapのデータから算出され、ご購入いただいた時点で$CHZが市場から供給されます(主にBinance.comから)。

  • 小売店でのバウチャー販売:この度$CHZはBitnovoと提携を結びました。Bitnovoはスペイン発の暗号通貨決済プラットフォームで、ヨーロッパ内の4万を超える小売店にて20種類以上の暗号通貨の即時購入サービスを提供しています(クレジットカード、デビットカード、現金に対応)。パリ・サンジェルマンのファンはフランス国内にある3,000店舗を超えるタバコショップで、ユベントスとASローマのファンは4,000カ所で、アトレティコ・マドリードのファンは3万を超える小売店で$CHZをお買い求めいただけるようになったのです。バウチャーの価格は€25、€50、€100、€250、€500からお選びいただけまして、バウチャーの有効期限は3ヶ月となります。それぞれのバウチャーに印字されたコードを使ってオンラインで即時にトークンを獲得することができます。Bitnovoが`Socios.comに完全に導入されれば、アプリ内でもバウチャーの直接購入ができるようになります。クラブチームブランドのプリペイドギフトカードもアプリ内、オンライン、そして小売店で購入が可能になる予定です。バウチャーの購入後にSocios.comでコードを発行すれば、$CHZを即時に受け取ることが可能です。購入した$CHZはすぐにユベントスやパリ・サンジェルマン等のファントークンの購入に充てることができます。バウチャーやギフトカードは提携チームが運営するショップでの販売も計画しております。

  • フィアット建の$CHZ取引について:アプリローンチに続いて、法定通貨ペアを扱う巨大取引所を含む新パートナーを発表します。

米国&南米市場について
米国は極めてセンシティブな市場で、現時点では法的にも見通しがつかないことから参入することが難しいと考えています。言い方を変えれば、弊社が求められていないマーケットに足を踏み入れる必要はありません。加えて、米国スポーツ業界のビジネスモデルはヨーロッパのそれとは異なっており、クラブチームが所属するリーグを通さないと取引を行うことができません。FTOの第一フェーズを越えれば、米国に対してもよりアグレッシブにアプローチしていけるでしょう。北米のチームからも弊社に連絡があり、需要は確実に存在しています。ですが、弊社のビジネスモデルはユニークなため、まずは教育から始めなければなりません。また、フットボールファンの多くは米国にはいないということも覚えておきましょう。

ビジネス開発について
弊社にはメディア、配信、通信やその他ジョイントベンチャーとの提携業務を含むビジネス開発専門チームがいますが、その他の有名ブランドとの提携も視野に入れています。弊社提携クラブチームとのミーティングで、彼らが提携を結ぶパートナー企業にファントークンを販売するというアイディアが生まれました。例えば、ナイキが世界中のパリ・サンジェルマンファンとのエンゲージメントを高めたい場合、ナイキxPSGトークンハントを開催して、PSGトークンを世界中のナイキショップ近辺に配置するというアイディアです。このようなキャンペーンを行うためにはまずブランドや企業がファントークンを購入する必要がありますが、弊社提携クラブチームの中に「パートナー企業にぜひ提案したい」と言ってくれているチームがいますので、そちらに関しても楽しみにお待ちください。

トークンエコノミー&トークンベロシティについて
トークンエコノミーをどのように良いものにしていくかを学ぶためにFTOを開催していく必要があります。私たちは最初の3ヶ月以内に登録ユーザー数10万人、そして1年で100万人達成を目標としています。かなりハードルが高く聞こえるかもしれませんが、前述したように私たちは世界トップクラスのクラブチームやブランドと提携を結んでおり、その先には数百万人を超えるファンが存在しているのです。トークンベロシティを生むメカニズムには全て目を通していますし、Q1後およびマーケットプレイス機能実装後にも継続していきます。

トークンヴェスティングについて
Binance上場の条件に基づいて、私たちはチームおよびアドバイザーの第一ヴェスティング期間を2020年Q1に延期し、1月にヴェスティングに関する3ヶ年スケジュールを新たに作成することにしました。実際に、Chilizは他のプロジェクトと比べてチーム配当分が5%と非常に低いですし、Chilizの上層部メンバーは長年同社に身を置いており、目の前の利益に目をくらませる人間はいません。それは、弊社のプロダクト、マーケティングおよび戦略を見ていただければ一目瞭然でしょう。

イベント参加&アジアについて
アジアは現時点においても将来的にも弊社にとって鍵となるマーケットです。11月から1月までの2ヶ月の間、アジアに拠点を移すことにしました。韓国・ソウルの後にシンガポールに移って市場機会や戦略的パートナーシップ提携に向けて走り抜ける予定です。ビジネス開発はもちろん、チームを成長させ、リソースを潤滑にできればと考えています。

また、以下のイベントに参加してきます:

  • Binance Super Meet-Up シンガポール
  • Blockshow シンガポール

課題について
教育:過去20ヶ月は挑戦の連続でした。ファンとクラブチームの両方を教育することは私たちの業務において最も難しいものでしょう。なぜなら、私たちは完全に新しいことをしているからです。ですが、現在は著名なクラブチームと提携を結んでいる唯一の企業ということもあり、提携業務もだいぶスムーズになってきました。そして何より大切なのが私たちは決して天狗にはならないということです。弊社のプロジェクトは長期に渡って開発され続けるものであり、提携パートナーと共に進めていくものなのです。

上場:この業界ではどの企業も通る道ですが、取引所への上場も大きな課題の一つです。上場審査はとても時間がかかり、時にはとても苦しいものです。そして、取引所によってはデューデリジェンスを行わないところもあります。弊社のパートナーのことも考えると、取引所上場は慎重に行う必要があります。

フラストレーション:誰にでもキャパシティがあり、物事は常に計画通りに進むわけではありません。開発はもちろん、パートナーシップ提携や機能調整にも時間がかかります。忍耐力を高めることを学ぶ必要がありました。

弊社が行わないこと
賭け事やギャンブルの要素は取り入れません。規制の観点からも暗号通貨と賭け事の組み合わせは複雑すぎること、そして提携クラブチームが既に提携を結んでいる他パートナー企業と競合してしまう可能性があるからです。

私たちはコンテンツを作成するプラットフォームではありません。スポーツ関連のコンテンツや試合ハイライトを提供する予定もありません。ですが、発行者やその他メディア等と提携をして、弊社が行なっていく投票やファン体験についてのコンテンツを発信したいとは考えています。

私たちは配信業者でもありません。アプリ上での試合放送権利を獲得するつもりもありません。

仮説とリスク
ベンチャーにはつきものですが、私たちの事業が成功するとは限りません。ですが、ローンチされた製品には改良を加え続けていきます。今日の私たちのコンセプトとビジネスモデルは、数年前のものとは比べ物にならないほど成長しています。とはいえ、私たちが展開するビジネスの一部は成功しないかもしれませんし、改善の余地があるかもしれません。失敗から学んでいけば良いのです。皆様に気に入ってもらえるようなプロダクトを作り上げるために弊社チームは一歩も立ち止まらずに進み続けます。

将来の目標
将来的には$CHZのエコシステムが更に広大なものになっていてほしいと思っています。私たちの役目は$CHZのユーザーを増やしていくことですが、どの暗号通貨にも言えるように誰でも$CHZを使って弊社のユーザーベースを活用することもできるのです。2020年と2021年で何かしらが起こってくれないかと期待しています。ウォレットや取引所に続いて、暗号通貨のコンセプトに触れるユーザーが一番多いコミュニティを作り上げたいと考えています。より多くのスポーツジャンルやエンターテイメント、そしてサードパーティプラットフォームに$CHZおよびコミュニティを使ってもらえたらそれ以上のことはありません。2020年の後半にはさらなるブロックチェーンの導入を行なっていきます。現時点でも著名なプロトコルやレイヤーと協議を重ねていますが、私たちが最も重点を置いているのはユーティリティであり、ユーザーであることを忘れないでください。