Chilizが韓国でのオペレーションを強化

Chilizはこの度韓国国内での事業開発担当としてBrian Hyunmin Hanを迎え入れたことをお伝えいたします。

Brianはその暗号資産およびブロックチェーン業界での豊富な経験を活かし、KryptoSeoulでは戦略および事業開発を担当し、Kakaoのブロックチェーン子会社であるGround X Klatynチームの一員として、アジアを中心に国際提携業務に従事してきました。

今回の就任についてのBrianのコメント:

「韓国市場は様々な理由において熱狂的であり、Chilizにとっても重要なマーケットと言えます。まず、韓国では成人のうち96%がインターネットを使って国際社会と繋がりを持っており、労働人口の3割が暗号資産を保有もしくは取引していることで知られています。また、韓国の人口の48%が首都であるソウルに居住しており、一般層への浸透もスピーディに行えることが期待されます。韓国のスポーツ、eスポーツ、エンターテイメント業界は圧倒的な成長を続けており、Chilizの一員として業務を開始できることを非常に嬉しく思っています。」

Chiliz CEOであるAlex Dreyfusのコメント:

「韓国は間違いなくブロックチェーン業界の中で最も熱い市場の一つです。去年は何度も韓国に出向き、強靭な関係性を構築してきました。BrianをChilizチームに歓迎します。韓国の暗号資産業界を生き抜いてきた彼は韓国市場およびChilizブランド確立のため努力してくれるに違いありません。」

 

-ENDS-

さらに詳しく知りたい方は:

Chiliz.com

Waylon Johnston – 企業広報コンテンツマネージャー

waylon@dev.socios.com

さらに詳しく知りたい方はこちら: visit www.socios.com

編集者の方へ

 

Chilizについて

Chilizはスポーツやエンターテインメントのプラットフォームのためのデジタル通貨です。ファンが自分の好きなスポーツチームで投票権を購入し、取引し、執行することができる、世界初のスケーラブルでトークン化された投票プラットフォームSocios.comを支えています。Chilizプロジェクトは、Binanceや、OK Blockchain Capital、Ceyuan Venturesを含む世界最大の暗号通貨取引所とアジアを代表する暗号ファンドから6,600万ドルを調達しました。Chilizはマルタに本拠を置くMediarex Groupという、2012年に設立された世界的なスポーツおよびエンターテインメント団体によって所有されています。

Socios.comは、フットボールクラブがブロックチェーン技術を通じてデジタル変革を実現するのを助けます。Socios.comは、Chilizトークン($CHZ)を使用しており、イーサリアムブロックチェーン上にあるERC20ユーティリティートークン、そしてBinanceチェーン上にあるBEP-2トークンがあります。ファントークンはチームまたはクラブに固有のもので、投票の暗号化された不変のレッジャーとメンバーシップの所有権へのアクセスを提供する有限のデジタル資産です。トークン化されたファン投票プラットフォームは、許可された別のサイドチェーンで動作するファントークンを使用します。ファントークンは数に限りがあり、代替可能であり、それはその所有権を取引することができるということを意味します。そしてその価格は市場によって左右されます。このプラットフォームは、スポーツチームがファンエンゲージメントを増加させ、ファンの収益化により必要不可欠な投資を達成するのを支援するために開発されました。このベンチャー企業は、ファン主導の管理フレームワーク、またはいくつかの主要なフットボールクラブの「socios」に触発されています。「Socios 2.0」と呼ばれるこのプラットフォームは、単にこの管理モデルのデジタル化を表しています。