CHILIZ.NET – ガラタサライ($GAL)ファントークンの取引が本日から開始

イスタンブール 2020年6月5日:Chiliz(Binance表記:$CHZ)は、世界初のスポーツ&エンタメ向け暗号資産取引所「Chiliz.net」にて、ガラタサライ($GAL)ファントークンの取引を本日CEST時間15:00(日本時間22:00)に開始いたしますことをお伝え致します。

Chiliz.netはデスクトップ、iOS、Androidでお使いいただくことが可能で、世界有数のスポーツクラブが発行するデジタル資産の取引をスポーツファンはもちろん暗号資産トレーダーの皆様にお楽しみいただけます。$GALはユベントス($JUV)に続き、Chiliz.netに追加される2つ目のファントークンとなります。FTO(ファン・トークン・オファリング)中に一枚2ユーロで販売されていた$JUVは現在一枚約6.79ユーロで取引されています。

FCバルセロナ($BAR)、パリ・サンジェルマン($PSG)、ASローマ($ASR)、アトレティコ・マドリード($ATM)、CAインデペンディエンテ($CAI)、そしてeスポーツパートナーチームOG($OG)も順次上場を予定しております。

また、Chilizが開発を続けるファン投票&報酬アプリ「Socios.com」でお持ちの$GALは、アプリの「出金機能」によってChiliz.net宛に送金していただくことが可能です(購入後の90日間ロックが終了している場合)。$GALはSocios.comアプリ内の「Marketplace」でも売買をお楽しみいただけます。

Chiliz.netで取引される全てのトークンはChiliz $CHZ(スポーツ&エンタメ業界での利用を想定して発行されたデジタル通貨)建となっております。

Chiliz/Socios.com CEO兼創設者 Alexandre Dreyfusによるコメント:

「渡したいは今年4月にChiliz.netで$JUVのトレードをローンチし、ファン心理、クラブの動向、移籍市場といった様々な要素によってその価値が変動するデジタル資産取引の新たな時代の幕開けを目の当たりにしました。

昨今スポーツ業界が立たされている状況にも関わらず、$JUVのローンチに対して皆様から素晴らしい反響をいただきました。

スポーツも再開の兆しが各方面で見られており、Chiliz.netにより多くのファントークンを追加していく予定です。

また、トルコ国内のスポーツ/暗号資産ファンからの反応も強烈なもので、多くの方々に私たちが確立しようとしている新たな取引資産クラスをお楽しみいただけることと思っております。」

$GAL上場のお知らせに加えて、シュペル・リグ2019/20シーズン最後の3試合でトルコ・テレコム・アリーナ内に自身の写真を設置する貴重な機会をSocios.comアプリの$GALホルダー上位170名様に対して贈らせていただきます。

                                                                                   -ENDS-

さらに詳しく知りたい方は:

Chiliz/Socios.com

Andrew Clarke – Socios.com 国際PR管理者

andrew@chiliz.com

さらに詳しく知りたい方はこちら:www.chiliz.net / www.chiliz.com / www.socios.com

編集者の方へ

Chilizについて

Chilizはスポーツやエンターテインメントのプラットフォームのためのデジタル通貨です。ファンが自分の好きなスポーツチームで投票権を購入し、取引し、執行することができる、世界初のスケーラブルでトークン化された投票プラットフォームSocios.comを支えています。Chilizプロジェクトは、Binanceや、OK Blockchain Capital、Ceyuan Venturesを含む世界最大の暗号通貨取引所とアジアを代表する暗号ファンドから6,600万ドルを調達しました。Chilizはマルタに本拠を置くMediarex Groupという、2012年に設立された世界的なスポーツおよびエンターテインメント団体によって所有されています。

Socios.comについて

Socios.comは、フットボールクラブがブロックチェーン技術を通じてデジタル変革を実現するのを助けます。Socios.comは、Chilizトークン($CHZ)を使用しており、イーサリアムブロックチェーン上にあるERC20ユーティリティートークン、そしてBinanceチェーン上にあるBEP-2トークンがあります。ファントークンはチームまたはクラブに固有のもので、投票の暗号化された不変のレッジャーとメンバーシップの所有権へのアクセスを提供する有限のデジタル資産です。トークン化されたファン投票プラットフォームは、許可された別のサイドチェーンで動作するファントークンを使用します。ファントークンは数に限りがあり、代替可能であり、それはその所有権を取引することができるということを意味します。そしてその価格は市場によって左右されます。このプラットフォームは、スポーツチームがファンエンゲージメントを増加させ、ファンの収益化により必要不可欠な投資を達成するのを支援するために開発されました。このベンチャー企業は、ファン主導の管理フレームワーク、またはいくつかの主要なフットボールクラブの「socios」に触発されています。「Socios 2.0」と呼ばれるこのプラットフォームは、単にこの管理モデルのデジタル化を表しています。