Chilizによる暗号通貨のメインストリーム化

ユベントス – Socios.comを通してフットボールクラブのトークン化を行う世界初のクラブチームに

マルタ・2019年12月3日:著名フットボールクラブ「ユベントス」のファン・トークン・オファリング(FTO™)がChiliz(Binance.com: $CHZ)によって世界で初めてローンチされました。ユベントスファンは、スポーツ・エンターテイメントファンのためにブロックチェーンをベースに開発された投票&報酬モバイルアプリ「Socios.com」を使って$JUV(ユベントスファントークン)を購入し、クラブチームの決定事項に対しての投票権利を獲得しながら、同時に報酬を獲得する権利を手にすることができます。

世界で初めてファントークンを発行したユベントスは、世界中に存在している4億万人※を超えるファンに焦点を当てながら、暗号通貨とスポーツを融合させていきます。ファンは、ユベントスがSocios.comアプリ内で開催する投票に、今日から参加することができます。記念すべき初の投票内容は、アリアンツスタジアム(ホームスタジアム)でユベントスがゴールを決める度に流れる新しいゴールチャントです(現在のゴールチャントはChelsea Dagger)。

また、ファントークンのローンチについてはもちろん、投票第一弾についての周知動画がユベントスによってリリースされます。今回は以下の4曲のうち、1曲が投票によって選ばれます。

 

Blink 182 – All The Small Things

Blur – Song 2

House of Pain – Jump Around

P.O.D – Boom

 

投票は本日から開始されますが、投票参加にはユベントスファントークンが必要となり、ユベントスファントークンの初期価格は約2ユーロ(Socios.com公式デジタル通貨であるChiliz $CHZの価格により変動します)となります。また、アプリ内拡張現実機能「トークンハント」を使って限定枚数のファントークンを獲得いただくことも可能です。

最も多くの票を集めた曲は、ユベントスがアリアンツスタジアム(ホームスタジアム)で2020年初めてのゴールを決めた際に再生され、それをもって投票結果発表とします。これ以降にも数多くの投票がシーズン毎に開催されていく予定です。

2020年のQ1には、さらに6回のFTOがSocios.comで開催される予定です。パリ・サンジェルマンとアトレティコ・マドリードのFTOは1月下旬、ウェストハム、ガラタサライ、そしてASローマのFTOは2月、そして現在唯一のeスポーツ提携チームであるOGのFTOは3月の開催が予定されています。

複数の強豪フットボールクラブやその他スポーツチームとの提携も既に決まっており、そのうちいくつかのチームとの提携を2019年の終わりまでに発表するかもしれません。

2020年の始めには、Marketplace機能を実装する予定です。Marketplace機能を使うことにより、ファンはアプリ内で直接ファントークンの取引をすることができます。この他ににも、チャット機能の追加や、クラブ毎によって異なるゲーム機能を通してよりエキサイティングなユーザー体験を追求していく予定です。また、Socios.comはスポーツだけではなく、将来的にはエンターテイメント業界にも進出していきます。

Chiliz/Socios.com CEO兼創設者 Alexandre Dreyfusによるコメント

「ユベントスのトークン化は、フットボール界にとっても特別な意味を持つと同時に、ブロックチェーンおよび暗号通貨のメインストリーム化にとって非常に大きな一歩となるでしょう。Socios.comによって、一般のフットーボールファンは暗号通貨を知り、デジタル資産を使って応援するクラブチームの意思決定プロセスに参加することが可能となります。

私たちが開発しているプラットフォームの素晴らしい部分は、ユーザー体験部分において一般消費者による使用を想定している、というところにあります。どんなファンの方も、Socios.comを手にとればすぐに使いこなすことができるでしょう。私たちのターゲットは壮大です。まずは世界中に約4億人いると言われているユベントスファンの獲得から始めていきます。

そして、私たちはこの分野においてのパイオニアとなるでしょう。事実、弊社と同じビジネスモデルを掲げているコンペティターはいません。弊社のブロックチェーンプラットフォームは、デジタル時代において増え続ける消費者とのエンゲージメントに対して一般層が抱えているニーズに対応していきます。Socios.comアプリは、人々の生活にブロックチェーン技術を浸透させていく大きい歯車となるでしょう。

2020年、4万人以上のファンが見守る中、アリアンツスタジアムでユベントスがゴールを決め、世界中のユベントスファンの投票によって選ばれたゴールチャントが流れた瞬間にSocios.comの存在意義が確立されます。

投票は本日スタートです。ユベントスの意思決定プロセスに参加したいファンの方は、是非今すぐSocios.comアプリをダウンロードしてファントークンを手に入れてください!」

ユベントス 最高収益責任者 Giorgio Ricci氏によるコメント

「ユベントスがSocios.comを通して世界中のファンとの交流を開始する初のクラブチームとなったことをとても嬉しく思います。

この提携は、技術革新・技術進化がユベントスにとって、そしてファンの皆様と関わる上でいかに重要かを再認識させてくれました。」

Socios.comはブロックチェーンをベースとした世界初のスポーツ・エンターテイメントファン向けモバイルアプリです。Android版は既にダウンロードが始まっており、iOS版はベータテスト版がご利用いただけます。App Storeでのリリースは近日中に予定しております。

 

-ENDS-

さらに詳しく知りたい方は:

Socios.com

Andrew Clarke – 国際PR管理者

andrew@chiliz.com

さらに詳しく知りたい方はこちら: visit www.socios.com

編集者の方へ

※約4億人:ユベントス側から報告があったユベントスのグローバルファンベース

 

Chilizについて

Chilizはスポーツやエンターテインメントのプラットフォームのためのデジタル通貨です。ファンが自分の好きなスポーツチームで投票権を購入し、取引し、執行することができる、世界初のスケーラブルでトークン化された投票プラットフォームSocios.comを支えています。Chilizプロジェクトは、Binanceや、OK Blockchain Capital、Ceyuan Venturesを含む世界最大の暗号通貨取引所とアジアを代表する暗号ファンドから6,600万ドルを調達しました。Chilizはマルタに本拠を置くMediarex Groupという、2012年に設立された世界的なスポーツおよびエンターテインメント団体によって所有されています。

Socios.comは、フットボールクラブがブロックチェーン技術を通じてデジタル変革を実現するのを助けます。Socios.comは、Chilizトークン($CHZ)を使用しており、イーサリアムブロックチェーン上にあるERC20ユーティリティートークン、そしてBinanceチェーン上にあるBEP-2トークンがあります。ファントークンはチームまたはクラブに固有のもので、投票の暗号化された不変のレッジャーとメンバーシップの所有権へのアクセスを提供する有限のデジタル資産です。トークン化されたファン投票プラットフォームは、許可された別のサイドチェーンで動作するファントークンを使用します。ファントークンは数に限りがあり、代替可能であり、それはその所有権を取引することができるということを意味します。そしてその価格は市場によって左右されます。このプラットフォームは、スポーツチームがファンエンゲージメントを増加させ、ファンの収益化により必要不可欠な投資を達成するのを支援するために開発されました。このベンチャー企業は、ファン主導の管理フレームワーク、またはいくつかの主要なフットボールクラブの「socios」に触発されています。「Socios 2.0」と呼ばれるこのプラットフォームは、単にこの管理モデルのデジタル化を表しています。