Chilizenアップデート#9

Chilizenのみなさまへ

今年の夏は猛烈な忙しさでした。CHZトークンの発行から始まり、複数の取引所への上場(Binance.com、Bitmax、Kucoin等)、4つの著名なクラブチームが弊社プラットフォームに加入しました(加入したクラブチーム:OG(eスポーツ)、ASローマ、アトレティコ・マドリード、ガラタサライ)。現時点で、異なるテリトリーから7つのクラブチームと協力体制を敷いています。

今日は、私たちがどのようにして何を達成していこうとしているのかを皆さまに理解していただくために、これから12〜18ヶ月を見据えたビジョン及びロードマップの共有をしたいと思っています。

はじめに、私たちについて改めてお話させていただきます。まず、私たちはブロックチェーン・プロトコル、L2-Tech、ウォレット等の仮想通貨のみに特化したプロジェクトではありません。「世界を変える!」、「決済業界に革命を起こそう!」とは考えていないのです。

私たちが作り上げているのは、ブロックチェーン技術を使い、スポーツチームやエンタメブランドとファンとの間を、私たちが開発した「ファン・トークン」によって結び合せる、コンシューマーと向き合うプラットフォームです。私たちは提携クラブチームのファントークンを発行していますが、これは決済のための仮想通貨ではありません。クラブチームに対してのアクセスや権利を与えるデジタル資産なのです。私たちのプラットフォーム上では、全世界でCHZがネイティブトークンとして使用されます。

私たちのことを「バイナンスのスポーツ版」と思っていただけると嬉しい限りです。私たちのプラットフォームにも、バイナンスの「Launchpad」のようなものがあり、これをFan Token Offering(略称:FTO 商標取得済み)と呼びます。FTOによって、ユーザーはユベントスやPSGのファントークンを購入することが可能となります。ユーザー/ファンの皆様は、Socios.comアプリ内で直接ファン・トークンの購入をすることができ、すべてのファントークンの購入にCHZが紐付いています。ファントークンを一度取得すると、同じSocios.comアプリ内でクラブチームが提供する機能を最大限に楽しむことができます。特に重要な点は、ユーザー/ファンがクラブチームに対しての「発言権(声)」を持てること、そして特定の決定事項に対して投票する権利が与えられる部分にあります。上記以外にも、ファンの立場に立った機能をリリースしていきますので、続報をお楽しみにお待ちください。

さて、次はどんな展開が待っているでしょう?少し覗いてみましょう!

Socios.comアプリリリース(ソフトローンチ)

まず何よりも先にお伝えしたいのは、弊社のプロダクト/開発チームは現在アプリの第一版のリリースに向けて業務にあたっているということです。仮想通貨業界ですと、第一版は「テストネット」と呼ばれています。目標としては、第一版のユーザーの方々に「トークンハント」機能を使っていただき、ファントークン及びCHZを無料で獲得していただきたいと考えています。このソフトローンチを行うことにより、問題点を探り、バグ修正を行い、商用ローンチへの準備を開始できるのです。もちろん、Fan Token Offering第一弾を行うためには、ユーザーの皆さまにはユーザー登録を既に済ましていただいている必要があります。

まず皆さまに理解していただきたいのは、リリース第一弾はそこまで大規模なものにはなりませんが、その次に控えている複数のリリースの土台と考えていただけますと幸いです。リリース第一弾は10月末を予定しています(最終修正等を見据えてスケジュールに余裕を持たせておりますが、現時点で準備は順調に進んでいます)。

リリース第二弾(11月末予定)では、アプリ内で直接CHZの購入ができるようになります(対法定通貨)。これにより、さらなるファン獲得、そして記念すべきFTO第一弾となる「ユベントス」のFTOへのファンの参加を促していきます。これがオンボードユーザーの初のテストとなり、製品として(完璧とは呼べませんが)ある程度の状態と呼べる段階となります。

リリース第二弾の後は、ユベントス以外の全チームによるFTOが2019年Q4/2020年Q1に行われます。そして、ファンの皆様が保有するファントークン対CHZで売買することができるMarketplace(マーケットプレイス)機能及びその他複数の機能をローンチします。

また最初の数ヶ月の間は、ファントークンの購入をしてもらう為のCHZの購入(またはデポジット)のみが可能となります。その間、CHZをプラットフォーム外に送ることはできません。この機能は、トークンエコノミーが安定し、ファン/ユーザー獲得数の拡張性が確認できた時点で解かれる予定です。

ゼロから100万ユーザーに成長させるために

私たちのプラットフォームが実用され始め、オンボードユーザー&クラブチームとファントークン保有者たちの間でのエンゲージメントが増えていくとなると、私たちは他のeコマースサイトのようにBtoCビジネスに転換していく必要があります。ユーザーの獲得コンバージョン($)、そしてその保持が肝となります。そういった背景もあり、私たちはオンラインギャンブル業界やモバイルソフトウェア業界のスペシャリストを、ここマルタで採用しています。

一人目のお客様が誕生した瞬間に(もちろん、一人目の方を祝福します)、どのようにしてカスタマーの数、そしてCHZ&ファントークン購入者数を増やしていくべきなのかが私たちにとっての課題となるでしょう。また、どのようにしてCHZトークンのユーティリティを増やし、12ヶ月以内に登録ユーザー数100万人を達成するのかを考えていかなければなりません。

もちろん、既に着手し始めている案があります。この先6ヶ月でアナウンスもしくはローンチがされる予定ですが、少し共有させてください。

提携クラブチームのIPを使ってCHZをオフラインで手にいれる方法を増やす

・小売店でのプリペイド券の販売

・チームが保有するショップでのプリペイド券の販売

(Socios.comアプリや第三者を通じて)CHZをオンラインで手にいれる方法を増やす

・それぞれの地域に特化した決済サービスプロバイダのさらなる導入(新興国のためにSMS決済を設ける等)

・コミュニティーに対してCHZ/ファントークンのバウチャーのリセールができる第三者eコマースサイトの活用

CHZの使用方法の幅を広げる

・第三者決済を導入したWooCommerceやそれに類似した店舗でのCHZ決済の促進(法定通貨払いも必要に応じて含む)

・チケット販売&グッズ販売プラットフォーム(オフライン/オンライン問わず)でのCHZの導入

・Socios.comのデジタルサービス及びグッズ(クラブにより異なるもの、賛成票、等)のCHZ払い

・Sociosユナイテッド&Sociosレジェンド。こちらに関してはまだ言えることが多くはありませんが、CHZ保有者やファントークン保有者が完全なる権利を持ったイベントやチームができたら…ここまでにしておきましょう。

CHZは、私たちがスポーツチームと共に行うマーケティングやユーザー獲得によって駆動するスポーツ、そしてエンターテイメントに特化したトークンと思っていただけますと幸甚です。

ファンそしてユーザーの皆様にCHZを購入してもらい、ファントークンを獲得してもらいたいのはもちろんですが、提携クラブチームのスポンサー企業がトークンハント機能を用いて、彼らが保有している店舗やイベント等でファントークンのエアドロップを行いたいという声をよく聞くようになりました。こちらに関しては2020年Q1/Q2の終わり周辺で注力していきたいと考えています。現時点ではSocios Enterprises Solutions(SES)と呼んでいます。大手ブランドや小規模店舗がアプリ内でファントークンの購入を行い(CHZ口座を用意してから)、集客を行いたい場所でエアドロップを行うようになっていくでしょう。

  • 焦点を当てている市場で大きなユーザーベースを持っており、業界をリードしているスポーツ、メディア&通信業者との戦略・マーケティング提携を行います(5000万ビジターを超える試合経過速報プラットフォームや、TVチャンネル、そしてユーチューバーやインフルエンサーによるコンテンツ制作等)
  • ファントークンホルダーがより幅広くアクティブなコミュニティーに参加できるよう、コミュニティー機能の強化を行います。含まれる機能としては、チャット機能(トークンホルダー限定)、ランキング、タグ付け(例:友人とスポーツバーで試合観戦をして、タグ付けをすると報酬が発生、等)を想定しています。クラブチームとファントークンホルダーの関係をより良くしていきたいと考えています。
  • 提携チームのアプリへの統合も考えています。クラブチームとの契約の中で、ユーザー獲得およびマネタイズのために、CHZ/Socios.com機能をチームが保有するモバイルアプリに導入していくことが触れられています。
  • さらなるファントークンの発行(チーム、スポーツ、新たなIP等)を行なっていきたいと考えています。規模の関係なく、世界中のチームが弊社プラットフォームに参加できるようになるでしょう。3年以内に、数百のチームとの提携を行いたいと考えています。
  • 初期のFTOとビジネスモデル分析に基づいて、ブロックチェーンインフラ及びトークンエコノミーの強化を行なっていきます。これにより、全ての提携クラブがCHZ/Socios.comブロックチェーンのノードとして働くことが現実となります。これには時間がかかりますが、私たちの大きな目標の一つです。

私たちが行なっている商業的な活動に加えて、トレーディングの観点での戦略としては、現在のユーザーベースと市場機会にさらなる価値をもたらすことのできる取引所への上場に焦点を当てています。現時点でのプライオリティーは韓国、日本、アジア、米国、トルコ、フィアット-CHZのゲートウェイ等が挙げられます。また、Binanceからのフィードバックに基づいて、トークン・ヴェスティング(トークン付与)のスケジュールを改善しました。こちらに関してもアナウンスがされますので、お待ちください。

私たちが今どのステージにいて、何をしているかがお分かりいただけたでしょうか?私たちがしようとしていることは単なるプロトコルの作成ではなく、消費者向け製品であるため時間がかかります。UI/UXにも一切の妥協はしたくありません。エコシステム内に新たなお金を生み出していく(fiat$$>CHZ)ことについてもフォーカスしていきます。

また、Chiliz Allianceを通じてコミュニティーも大きくしていきたいですし、CHZホルダーの皆様に無料VIPチケットや特別体験等の報酬を還元していきたいと考えています。こういったものも、Socios.comアプリがあればより容易になっていくでしょう。

お読みいただき有難う御座いました。

Alex