HBTC.COMにCHZ/BTCペアが上場決定

 

HBTC.COMにCHZ/BTCペアが上場決定

HBTC上場によってアジア圏でのChiliz($CHZ)流動性増大が期待

 

マルタ 2020年5月18日: スポーツ&エンタメ向けデジタル通貨のChiliz($CHZ)がこの度アジア大手の取引所HBTC.comへ上場することをお伝え致します。今回はCHZ/BTCペアでの上場となり、取引開始は5月19日のシンガポール現地時間16:00(日本時間17:00)を予定しています。デポジットはすでに開始されており、出金は上場と同時に可能となります。

 

HBTCはHuobiとOKExをはじめとした56を超える第1級期間による共同出資によって設立された、トークンホルダーがその100%を保有する取引プラットフォームとして知られ、現物取引、先物取引、OTC、オプショントレード等のサービスを提供しています。また、HBTCはProof of Reserve(資産の証明)およびトランザクション手数料の証明を100%行なっており、これによりエンドユーザーの資産の安全とプラットフォームの信頼性を保っています。

 

$CHZはブロックチェーンを基盤としたファンエンゲージメントにおいてスポーツ&エンタメ業界をリードするフィンテック企業Chilizによって発行されているユーティリティトークンで、同社が開発するファン投票&報酬アプリSocios.comの基軸通貨として採用されています。

 

本日時点で提携しているパートナーは、FCバルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリード、ガラタサライ、ASローマ、CAインデペンディエンテ、OG(eスポーツ)、そして世界最大規模の総合格闘技団体UFC®︎が名を連ねています。 

 

今回の上場はChilizが既に締結しているHBTCのB2B部門であるBluehelixとの業務提携の一環として行われます。Bluehelix CloudはChilizがサービス提供を開始した世界初のスポーツ&エンタメ向け取引所「Chiliz.net」のSaaSプロバイダでもあり、240を超える暗号資産取引所(クライアント)と1200万人のエンドユーザーを抱えながら、60億USDT以上の資産を預かっていると報告されています。

 

Chiliz.netは、Chilizが打ち出した新たなデジタル資産クラスであるファントークンの取引を可能とする取引プラットフォームであり、ファントークンの価値はファン心理や試合結果、トーナメント結果等の材料を含む市場需要により決定されます。4月15日にChiliz.netでの取引が開始された$JUV(ユベントス)ファントークンに続き、Q2にはその他パートナーのファントークンが順次追加されていく予定です。2020年の終わりに向けた更なるチームとの提携発表を目標としています。

 

Chiliz/Socios.com CEO Alexandre Dreyfusによるコメント:

「世界の重要市場で$CHZの流動性を高めるということは私たちにとって非常に重量な戦略の一つと言えます。

 

今回の上場によってアジア圏における$CHZの露出アップが期待されます。また、HBTC.comとの関係もさらに強化することができるでしょう。」

 

Bluehelix/HBTC グローバル事業・マーケティングVP Elsa QIU氏によるコメント:

「今回の$CHZ上場、そしてBluehelix Cloudとの業務提携は始まりに過ぎません。200を超える弊社の取引所パートナーに向けて$CHZをピッチしていき、アジア市場での展開をサポートしていきます。

 

今回の上場を記念して、HBTCとChilizは$17,000相当の$CHZと200$HBCが当たるトレード大会を開催致します。また、5月22日のシンガポール時間19:00(日本時間20:00)にはHBTCのテレグラムグループにAlex代表を招いてAMAを開催致します。」

 

Chilizについて

Chilizはスポーツやエンターテインメントのプラットフォームのためのデジタル通貨です。ファンが自分の好きなスポーツチームで投票権を購入し、取引し、執行することができる、世界初のスケーラブルでトークン化された投票プラットフォームSocios.comを支えています。Chilizプロジェクトは、Binanceや、OK Blockchain Capital、Ceyuan Venturesを含む世界最大の暗号通貨取引所とアジアを代表する暗号ファンドから6,600万ドルを調達しました。Chilizはマルタに本拠を置くMediarex Groupという、2012年に設立された世界的なスポーツおよびエンターテインメント団体によって所有されています。

 

BluehelixとHBTCについて

Bluehelixはブロックチェーン金融インフラストラクチャプロバイダであり、Bluehelix Cloudは、フルスタックソリューションと産業用SaaS CSMサービス標準で、現物、先物、オプション、OTC取引システム、流動性サービスの技術ソリューションを提供しています。Bluehelix CloudのSaaSとホワイトラベルソリューションは、世界中の240以上の暗号取引所の顧客にサービスを提供しており、1200万人以上のエンドユーザーをカバーしており、その資産保管評価額は60億米ドルを超えています。

 

HBTC取引所は2018年初頭に設立されたBluehelixグループのPropertarty取引所である100%$HBCトークンホルダー所有の取引プラットフォームで、Huobi、OKEx、その他56の一流機関が共同出資しています。HBTCはBHEX取引所から革新的な10倍PE買い戻しプランとHBTCキャプテンインセンティブプランでリブランドされ、すべてのトレーダーに利益をもたらすフルトークン化されたプラットフォームの提供を目指しています。HBTCは、エンドユーザーの資産の安全性とプラットフォームの信頼性を保護するために、100%のProof of Reserveと100%の取引手数料証明を提供しています。HBTCチェーンの分散型クロスチェーンカストディ技術は特許を取得しており、testnetでは分散型スワップとクロスチェーンcBTCの2つのアプリケーションがライブで公開されています。

 

さらに詳しく知りたい方は:

Socios.com

Andrew Clarke – Socios.com 国際PR管理者

andrew@chiliz.com

さらに詳しく知りたい方はこちら: visit www.chiliz.com