2020年初のAMA/キーノートを見逃した方へ!2020年ビジョンまとめ記事

2020年初のAMA/キーノートを見ることができなかった方々に向けて、重要なポイントをまとめた記事を用意させていただきました!世界初のスポーツエンタメ向け取引所のローンチ、新たなクラブチームとの提携発表、トークンエコノミー、NFT、ソシオス・ユナイテッド、そして事業戦略に関してのアップデートをお伝えいたします。

もうすぐ2歳になります。

2月7日で、私たちがホワイトペーパーを発行して、ファン・エンゲージメント&報酬プラットフォームの立案および発表をしてからちょうど2年が経ちます。

この2年間で私たちは大きな成長を遂げました。事業計画が膨らんでいくと共に、チームの規模も膨らみ、今では24カ国60名を超えるスタッフが本社があるマルタではもちろん、韓国、シンガポール、中国、ブエノスアイレス、ロンドン、そしてフランスで日々業務にあたっています。

限られた時間の中で、ゲーミング、メディア、スポーツ賭博やスポーツといった様々な業種から優秀なスタッフが集まり、強固な組織を作り上げることができました。

特に、先日COOに就任したEmma Diskinは弊社の驚異的な成長において重要な役割を果たしてくれました。この記事を読み進めていただければお分かりになるとは思いますが、私たちはまだまだやることがたくさんあります。chiliz.com/careersから求人情報を是非ご覧ください。

アジア出張&成長戦略について

前回のキーノートでは、Alexが新たなビジネスチャンスを掴むためにアジア出張に出向くことが発表されました。約2ヶ月に及んだ出張では、韓国、中国、シンガポール、日本、そしてインドネシアといった国々で、様々な投資家や潜在的パートナーと会うことができました。

仮想通貨取引所の取引ボリューム全体の50%はアジアで行われていることを踏まえると、アジアが弊社事業へ最も高い関心を寄せていると言っても過言ではありません。Alexのアジア出張は非常に有益なものとなりました。それは決して短期的な利益をあげたということではなく、2020年の事業展開においての基盤づくりおよび弊社のビジョンに共鳴しており、かつ事業に参加したいと思ってくれている多くのパートナーに出会うことができたという意味です。

そういった背景もあり、元Ground X KlatynのBrian HyunminをChiliz韓国事業開発担当として迎えることが決まりました。他にもシンガポールにオフィスでは主にトレード関連業務を行っており、中国語を母国語とした人材の雇用も開始しています。こちらについては次回改めて詳しくお話したいと思っております。

Chiliz.net – 世界初スポーツエンタメ向け暗号資産取引所

一つ明確なことは、$CHZとファントークンをトレードしたいという声が多く聞かれたということです。そんな声に応えるべく、$CHZ関連資産および弊社が発行するデジタル資産のためのトレードプラットフォームを作ることを決めました。

Chiliz.netは世界初のスポーツエンタメ向け仮想通貨取引所です。デスクトップ版、iOS版、そしてAndroid版で既にローンチされており、Socios.com提携クラブチームのファン・トークン・オファリング(FTO™️)が開始する来月にフルローンチを予定しています。

ユベントス($JUV)、パリ・サンジェルマン($PSG)、アトレティコ・マドリード($ATM)、ASローマ($ASR)、ガラタサライ($GAL)、そしてウェストハム($WHU)のファントークンは2月末からChiliz.netでの売買が可能となります。ファントークンはSocios.comアプリでもお買い求めいただけます。提携中のeスポーツチームOG($OG)のファントークンは3月から販売を開始する予定です。Chiliz.netでは、流動性を生むためにファントークンの他にBTC/USDTといった従来の暗号資産取引ペアの取引をすることも可能です。

Chiliz.netはSocios.comと完全連携する予定です。Socios.comアプリ内でお持ちのファントークンはChiliz.netに送金が可能で、逆にChiliz.netで購入したファントークンをSocios.comアプリに送ることも可能となります。

Chiliz.netについて特筆すべき点は、仮想通貨トレーダーが通常Binanceのようなプラットフォームでするように、ファントークン価格の上下を追いかけることができるAPIが組み込まれているというところにあります。これにより、クラブチームの情勢がファントークンの価格に影響を与えるようになり、新たな話題が生まれます。ムバッペ選手がパリ・サンジェルマンとの契約を5年間延長した場合、市場やファンの心情によって$PSGトークンの価格が上下することも考えられるでしょう。

また、Chiliz.netアプリは既にiOS版をダウンロードしていただけます。Socios.comアプリがApp Storeでリリースされていないことについて多くのお問い合わせをいただいておりましたが、弊社プラットフォームがコレクティブル(収集品)のみを扱っているとの誤解がApple側にございました。今回のChiliz.netローンチによって、ファントークンは実際に取引される資産ということが証明できました。Q1末までには複数の機能が追加されたSocios.comアプリをApple Storeから正式にリリースできるよう進めて参ります。

Chiliz.netは様々な仮想通貨メディア、ブロガー、Vloggerによって取り上げられていくことでしょう。

 

$CHZ トークンエコノミー2.0

以前お伝えした通り、$CHZのトークン・ベロシティを見直しました。Chiliz.netのローンチも完了したため、以下の計画を発表いたします。

  • $CHZの取引手数料の20%をバーン
  • FTO中に集められた$CHZの10%をバーン&3ヶ月ロックアップ
  • $CHZコレクティブルの20%をバーン

トークンエコノミー2.0は2020月7月に再度見直される予定です。

コレクティブルと書かれていることにお気づきになった感が鋭い方がいらっしゃることと思います。続いて、非代替性トークン(以下NFT)についてお話させていただきます。

非代替性トークンとコレクティブルに対する戦略

2020年に弊社が掲げている事業戦略にとって$CHZユーティリティの改良と拡大は必須と言えます。そのためにはコレクティブルをうまく取り入れていく必要があり、弊社は三通りのアプローチを考えています。

SoRare.comとの提携 – すでに30チーム(目標は100チーム)が参加しているスポーツゲームを$CHZでプレイできるようになります。このようなゲーム化を推し進めているベンチャーサービスとの提携をQ1からQ2初めに続々と発表する予定です。

$CHZと紐づけられたコレクティブルの生成をします。例えばユベントスが欧州王者になった場合、チャンピオンズリーグ王者トークンやロナウドトークンといったコレクティブルを発行するイメージです。これらの限定トークンは$CHZ建で販売され、コレクティブル購入手数料の20%($CHZ)はバーンされます。

購入が$CHZに紐づいた報酬および特別体験のトークン化の可能性も模索しています。このようなファンが購入できる、オープン市場でトレードが可能なトークンを暗号資産&スポーツコミュニティに対して提案していきたいと考えています。

上記のビジョンを達成するために、業界大手のNFT/コレクティブルプラットフォームとは既に提携を済ませております。

 

Socio.comーフィードバック及び機能

ユベントスの投票第1回

まずは、今月初めにその結果が発表された「ユベントスの新たなゴールチャント」を決めるユベントスとSocios.comにとって初めての投票とFTOの開催に対して寄せられたフィードバックを見ていきましょう。

ユベントスが行なったアンケートには3,000票が集まり、世界初の試みということを考えると非常に良い数字を残せたと思っています。投票結果はユベントスにとって2020年初のホーム戦で発表されました。

今回ファンによって選ばれたゴールチャントはBlurのSong 2。カリアリ戦ではロナウドのハットトリックを含む4点を決め、大差で勝利を手にしたユベントス。スタジアムに新ゴールチャントが4回も鳴り響きました。

投票の開催から投票結果の履行までの一通りの流れを無事終えることができたと同時に、多くの学びもありました。この初投票から得た教訓を将来開催予定のユベントスおよび他提携中クラブチームの投票・アンケートに活かしていきたいと思います。

記念すべき1回目の投票が無事成功したということは弊社事業の概念を実証することにもなり、ユベントスもこれからの投票・アンケートに向けて力を今以上注いでいくことでしょう。

バグ&ユーザーからの意見収集

Socios.comアプリが11月にローンチされてから、ダウンロード数は約71,000(AMA放送時点)を超え、およそ2,000人から4,000人のアクティブユーザーがアプリを利用しています。

私たちはこの数ヶ月の間でSocios.comアプリの改良を続けてきました。ローンチされた11月当時とは比べ物にならないほど良くなりましたが、改良作業を終えることはありません。これからも最高のUI/UXを提供するために努めて参ります。

アプリ初期ユーザーの皆様無しではここまでの改良は不可能だったでしょう。フィードバックを頂いた皆様に感謝申し上げます。

また、ユーザー1,500人に向けてアンケートを実施しました。アンケート結果から、どのような機能を求められているのかをユーザーの視点に立って気づくことができました。

新機能(Q1~Q3) — チャット機能、送金機能、売買機能について

Q1の終わりまでに、3つの新しい機能をSocios.comアプリに実装する予定です。約2週間後にはチャット機能のベータ版を発表しようと思っています。SNSや掲示板サイト等は荒らし行為等のリスクに常に晒され続けている中で、Socios.comアプリのチャット機能はファントークン保有者のみに公開されるためそういった心配がありません。つまり、ファントークン保有者が安全な環境のもと交流を図ることができるのです。

その他にQ1に発表を控えている機能にMarketplaceがあります。Marketplace機能を使うことによって、ファンはアプリ内で直接ファントークンの売買を行うことが可能となります。また、Socios.comアプリ外への送金機能を加えて、Socios.comとChiliz.net間での$CHZおよびファントークンの自由な送受金を実現します。

Q2には、アプリ内ゲームやチャレンジ機能を追加して更なるコミュニティ機能の強化を行なう予定です。前述したコレクティブルもQ2の実装を目標に動いていきます。

また、Socios.comアプリ同様にファントークンの売買や投票参加をお楽しみいただけるWebバージョンもローンチする予定です。

Q3に関しては、$CHZ購入方法の充実化、クラブグッズの販売(提供)、ノンカストディアル・ウォレット(非中央集権型のウォレットとサービス)の提供を計画しています。

第二弾FTO ー 日程発表

FTO第二弾の開始日程が発表されました。以下の画像をご参照ください。

新クラブ発表!CAインデペンディエンテが新たにSocios.comファミリーの一員に!

Socios.com初の南米パートナークラブとして、CAインデペンディエンテを迎え入れることを発表いたしました。

アルゼンチンに本拠地を置くEl Rojo(同クラブの愛称で「赤」の意味)は、世界で3番目に多くのタイトル獲得数を誇るクラブチームとして知られています。

CAインデペンディエンテからも本日提携についての発表があり、CAファンからも素晴らしい反応がありました。また、ガラタサライの告知動画に対してのトルコの熱狂的な現地ファンの素晴らしい反応もご覧いただいたかと思います。

現在も多くの南米チームと協議を重ねており、ブラジルやメキシコの熱狂的スポーツファンに向けて弊社ブランドをさらに露出していけるよう動いていく予定です。

弊社のブランド提携チームも世界を股にかけてSocios.comの新たなパートナーとなるであろうクラブチームにアプローチを続けています。2020年の終わりに50チームと提携することを目標にしています。

2週間以内に著名クラブとの新たな提携発表を行う予定ですので、楽しみにお待ちください。

また、OGに続くeスポーツクラブとの提携も発表予定です。

新スポーツと新市場 ー 2020年、Socios.comは国際化に向けて動き出します

計画の全容をお伝えすることはできないのですが、近いうちにクリケットチームとの提携を開始する予定です。クリケット以外にも野球チームやその他スポーツチームとの協議を進めています。

スポーツ以外では、エンターテイメント業界での事業展開もアクティブに準備を進めています。韓国のK-POP、そして米国とヨーロッパの著名アーティストとコンタクトをとっています。

新市場に関しては、ドイツの規制管理局から許可が降り、米国でも規制クリアの道筋が見えてきました。また、弊社が強いパイプを持つ中東のサッカークラブとの提携に向けても動いていきます。

Socios United(ソシオス・ユナイテッド)ー $SSU

Socios Unitedとは?

Socios UnitedはSocios.com上でトークン化された提携パートナーです。$SSUファントークン保有者はSocios Unitedが開催するアンケートに参加することができます。

提携中のサッカーチーム(ユベントスやPSG)およびeスポーツチーム(OG)とは違い、$SSUファントークンを通してSocios.comアプリそのものを代表するのがSocios Unitedなのです。

$SSUファントークンの入手方法

Socios.comで$SSUの「パートナー」としての存在感を示し、その他のファントークンとの違いを明確にするため、通常ファントークンに適用されるルールではなく$SSUに合わせたルールを用意する必要がありました。$SSUに合わせて今回作成したルールは以下をご覧ください。

  • 比率:SSUファントークンはユーザーに対して1:1の比率で$CHZと交換されます。$CHZ1枚で、SSUファントークン1枚と交換することが可能です。
  • 保有上限枚数:SSUファントークンの保有上限枚数は1枚となります。つまり、$SSUを1枚でも保有していればSocios.comに関する投票・アンケートに参加することができます。Socios.com関連の投票・アンケートへの参加を希望しない場合は、$SSUを保有する必要はございません。
  • 金庫:$CHZの$SSUファントークンへの交換は販売として扱われません。つまり、$SSUファントークンの価格は変動することがないため、$SSUとの交換に使用した1枚の$CHZは単純に保管されている状態となります。一定期間のロックアップ後に$SSUを$CHZに戻したい場合は、Socios.comアプリですぐにおこなっていただくことが可能です。

$CHZではなく$SSUファントークンを使う理由

Chilizトークンはイーサリアムチェーン上に存在する通貨です。一方で、Socios.com上で投票メカニズムを与えられたファントークンはChilizのProof of Authority(権利の証明)プライベートチェーン上に存在しています。

$CHZとファントークンのユーティリティの違いに加えて、$SSUファントークンはSocios.comで$CHZを手に入れて、投票権利を獲得し、提携クラブとの交流を楽しむという一連の流れを学ぶ良い教育ツールともなるでしょう。

Socios Unitedの未来像について

最初の機能としては、Socios.comアプリ利用者とのエンゲージメントを目的としたSocios Unitedの活用を予定しています。改善すべき点、フィードバック、バグ報告等のアプリに対する質問や、提携クラブチームが発行しているファントークンを使っては通常行わない投票を行ったり、トリビアクイズや「楽しむこと」を目的としたアクティビティに使用していく予定です。

将来的にはファンが先導するSocios.com傘下の団体に昇華させていくことができればと思っています。それがeスポーツチームなのか、果たしてSocios.comアワードセレモニーなのかはまだわかりません。このような内容もアプリユーザーの皆さんの意見を取り入れながら決めていく予定です。またSocios UnitedはSocios.comアプリユーザーの皆様にアプリをより楽しんでもらうための付加価値であり、弊社にとっての収益源ではありません。

Socios United(SSU)は$CHZホルダーがSocios.comに対して直接声を届けるための機能です。また、他のファントークン同様、$SSU保有者のみがアクセス可能なチャットも実装予定です。

カタール航空とのコラボレーション&スポンサー提携

世界の著名クラブチームが世界中の大企業をスポンサーとして迎えていますが、多くのスポンサー企業が見込み客へのアプローチにおいてクラブチームを今まで以上に活かす必要があります。

弊社のビジネスモデルはファンとクラブチームの距離を縮め、エンゲージメントを上げていくことにあるため、上記のようなスポンサー企業にとって非常に魅力的な存在となり始めています。

ASローマのユニフォームスポンサーであるカタール航空とのすり合わせも済んでおり、ローマファンのエンゲージメント獲得に向けて協力していくことが決定しています。

また、「トークンハント」を使ってファントークンを好きな場所に発生させることができる特性は、多くのブランドや企業にとって魅力的なマーケティングツールとなるでしょう。例えば、ナイキがパリ・サンジェルマンの試合で大規模プロモーションを行いたい場合は、近辺のナイキストアやスタジアム付近に設置した告知エリアに$PSG/$CHZを発生させて、集客を行うことが可能となります。

多くの大企業がブランド認知を目的としてSocios.comとタッグを組んでいる未来もそう遠くはないかもしれません。