私たちの物語
ChilizはSocios.comの原動力となるフィンテックプラットフォームで、スポーツ・eスポーツファンに対して、彼らが応援しているクラブチームや試合、そしてリーグやイベントを団結して管理する力を与えます。私たちがスポーツとeスポーツの未来に描いている景色には、オーディエンスを一番惹きつける試合、チーム、そしてリーグのみが作り上げていくわけではありません。むしろ、自らのファンベースに主導権を分け与えながらオーディエンスの活性化及びマネタイズを最も効果的に行えるチームやリーグ等が未来を作り上げていくと考えています。私たちはこれを「Radical Fan Engagement(根本的なファンエンゲージメント)」と呼びます。

弊社初の一般消費者向け製品であるSocios.comによって、パリ・サンジェルマン、ユベントス、ウェストハム、OG eSports、ASローマ、アトレティコ・マドリード、ガラタサライ、そしてその他大勢のクラブチームが「Fan Token Offering」を通じてファントークンの発行を行うことができます。これはSocios.com独自のブロックチェーン上で行われます。

ブランド化されたファントークンを保有することによって、Socios.comユーザーたちは提携クラブチームがSocios.comプラットフォーム上で開催するポールに投票することができるようになり、様々な事項を決定できる力を与えられます。弊社のパートナークラブがそれぞれ発行するファントークンを保有することにより、ファンは限定コンテンツやゲーミフィケーション、ソーシャルでの繋がり、そしてリーダーボード機能へのアクセスも可能となります(2020年〜)。

はじまり
現在の「プロダクト構想」に至るまでの過去3年の間に、私たちは何度も繰り返し構想を練ってきました。プロダクトおよびチーム開発といった本格的な業務に取り掛かり始めたのは2018年初頭。過去18ヶ月に渡って、アクティブに開発し続けてきました(#BUIDLING)。現在はアルファ版が完成しており、一流クラブとの提携も結んでいます。マルタでオンサイトで勤務に当たっている頼もしいチームの存在も忘れてはいけません。Chiliz(CHZ)トークンの流通も始まり、2019年Q4のSocios.comアプリのローンチに向けて着実に足を進めています。
現状について
本日の時点で、Chilizには20の国籍を越える50名以上のチームメンバーがおり、その成長は止まることがありません。フランスはリヨンにも開発オフィスを設けており、シンガポール、韓国ソウル、ブエノスアイレスでのオペレーションも行なっています。Socios.comのローンチ準備を進めると同時に、より多くのスポーツ/eスポーツチームを弊社の「トークン化」プラットフォームパートナーとして迎えられるよう、日々努めております。
私たちの成果
icon1
プライベートプレイスメントで6600万ドルを調達
icon2
ワールドクラスのサッカークラブとの提携
icon3
今も成長している40強の強固なチーム