Socios.com が世界中のファンに向けて様々な特典と報酬を与えることを目的とした「I AM MORE THAN A FAN」VISAデビットカードを発行

Socios.Com VISAデビットカード – I Am More Than A Fan

応援するクラブ関連の特別オファーや特典の獲得が可能

お買い物毎にキャッシュバックが発生&そのたのインセンティブも多数用意

クラブデザインの限定カードも発行予定

入場券として使用される可能性も

ロンドン 2020年8月14日:世界初のファン投票&報酬アプリSocios.comを開発しながらスポーツ業界をリードするブロックチェーン&フィンテックプロバイダChiliz(Binance表記: $CHZ)は、この度Socios.com VISAデビットカードのローンチが決定したことをお伝え致します。Railsbankが提供するオープンバンキングプラットフォームによってローンチが実現したこのSocios.com VISAデビットカードは、Socios.comユーザー全員にお楽しみいただけます。

Socios.comは「Be More Than A Fan(ファン以上になろう)」というビジョンに基づいて、ファントークンというデジタル資産を通してクラブ投票イベントへの参加権利や報酬獲得権利をユーザーに与えています。先日およそ2時間で130万ドルの売上を叩き出した$BARファントークンを発行したFCバルセロナを筆頭に、ユベントスパリ・サンジェルマンアトレティコ・マドリードASローマガラタサライCAインデペンディエンテUFC(総合格闘技団体)、そしてeスポーツチームのOGといった世界有数のスポーツクラブと提携を結んでいます。約50のスポーツ団体をSocios.comプラットフォームにオンボードしていく予定です。8月25日には4チームのFTOが予定されており、8月18日にチームの詳細が発表されます。

Socios.com VISAデビットカードを使えば、ユーザーはSocios.comのユーロウォレットもしくはポンドウォレットにデポジットをして、従来の支払い用カードのようにショッピングやサービス利用への支払いをすることができます。Socios.com VISAデビットカードはIBANが含まれ、欧州経済領域(EEA)26ヵ国でのローンチ後に順次世界中の市場に展開されていく予定です。

「I AM MORE THAN A FAN(私はファン以上の存在)」と表面に書かれたこのデビットカードを保有することにより、様々な報酬&特典へのアクセスが可能となるだけではなくファンのステータス強化にもつながると言えます。Sociosデザインのカードの他にも、ファントークン保有数によって入手可能なクラブデザイン限定カードも発行予定です。

カードを使うたびに、キャッシュバックやクラブ関連の報酬を獲得することができ、同時にSocios.comでのファンとしてのステータスを強化することができます。Socios.com VISAデビットカードはクラブチームのスポンサー企業にとっても、ファンの購入を促すインセンティブとして機能することが期待されます。

Socios.com VISAデビットカードを使ってクラブチームの公式スポンサー企業の製品を購入すると、Socios.comアカウントに$CHZがキャッシュバックされます。キャッシュバックされた$CHZは各クラブチームが発行しているファントークンと引き換えることが可能です。ファントークンはクラブチームが開催する投票イベントへの参加や、ファンステータスの強化、そして特別体験等を含む様々な報酬の獲得にお使いいただけます。また、カードを使用した日には$CHZエアドロップ(勝者には100ユーロ相当)が開催され、リーダーボードのポイントも増えるため、特別体験等の報酬を獲得するチャンスもより大きいものとなります。スタジアム、スポーツバー、スタジアムから5km以内の小売店等で試合当日にカードを使用することによって、上記のような特典を獲得することができるようになります。

最近では、ユベントスとASローマのホーム試合で、ユベントスファントークン($JUV)もしくはASローマspiration ($ASR)を保有しているファンから募ったビデオをピッチ脇のLEDパネル上で再生したり、ガラタサライファントークン($GAL)保有者の原寸大の切り抜きボードをトルコ・テレコム・アリーナに設置したり(シュペル・リグ2019–20シーズン最終3試合で開催)、ファントークン保有者の皆様に様々な報酬を提供させていただくことができました。

Socios.com VISAデビットカードをお持ちの方には、KYC承認済のSocios.com IDにリンクされたグローバルIDが付与され、クラブグッズ及びクラブのスポンサー企業製品を獲得したり割引サービスをお楽しみいただけます。IDはSocios.comアプリで確認ができるようになる予定です。

カードは一部のスタジアムへの入場券としてもお使いいただけるようになります。Socios.comのブロックチェーン技術を活用することにより、ユーザーの電話番号とカードを入場チケットとして安心安全にお使いいただけるようになります。

Socios.com VISAデビットカードのローンチは今年の夏に予定しています。

Chiliz/Socios.com CEO兼創設者 Alexandre Dreyfusによるコメント:

「Socios.com VISAデビットカードはクラブとファンの距離を限りなく近いものにするでしょう。ファンは愛するクラブに関連するグッズや製品を購入することによって、キャッシュバック、報酬ポイント、そしてファンステータスの強化を行うことができます。」

Railsbank社 国際営業部担当者 Louisa Murray氏によるコメント:

「フィンテックとサッカーはまさに夢の組み合わせと言えます!ChilizとSocios.comにRailsbankのプラットフォームが選ばれたことを非常に光栄に思います。成功に向けてワクワクするような製品を共に作り上げていきます。

私たちは、どんな会社でも、どんな製品でもフィンテックと銘打つことができると思っています。また、フィンテックがいかに人々の人生を豊かにし、社会の形成に役立つかにおいて非常に良い例だと考えています。」

こちら 申請フォームに記入をしてSocios.com VISAデビットカードにお申し込みをしていただけます

ENDS

さらに詳しく知りたい方は:

Chiliz/Socios.com

Andrew Clarke — Socios.com 国際PR管理者

andrew@chiliz.com

さらに詳しく知りたい方はこちら: www.chiliz.com / www.socios.com

編集者の方へ

Chilizについて

Chilizはスポーツやエンターテインメントのプラットフォームのためのデジタル通貨です。ファンが自分の好きなスポーツチームで投票権を購入し、取引し、執行することができる、世界初のスケーラブルでトークン化された投票プラットフォームSocios.comを支えています。Chilizプロジェクトは、Binanceや、OK Blockchain Capital、Ceyuan Venturesを含む世界最大の暗号通貨取引所とアジアを代表する暗号ファンドから6,600万ドルを調達しました。Chilizはマルタに本拠を置くMediarex Groupという、2012年に設立された世界的なスポーツおよびエンターテインメント団体によって所有されています。

Socios.comについて

Socios.comは、フットボールクラブがブロックチェーン技術を通じてデジタル変革を実現するのを助けます。Socios.comは、Chilizトークン($CHZ)を使用しており、イーサリアムブロックチェーン上にあるERC20ユーティリティートークン、そしてBinanceチェーン上にあるBEP-2トークンがあります。ファントークンはチームまたはクラブに固有のもので、投票の暗号化された不変のレッジャーとメンバーシップの所有権へのアクセスを提供する有限のデジタル資産です。トークン化されたファン投票プラットフォームは、許可された別のサイドチェーンで動作するファントークンを使用します。ファントークンは数に限りがあり、代替可能であり、それはその所有権を取引することができるということを意味します。そしてその価格は市場によって左右されます。このプラットフォームは、スポーツチームがファンエンゲージメントを増加させ、ファンの収益化により必要不可欠な投資を達成するのを支援するために開発されました。このベンチャー企業は、ファン主導の管理フレームワーク、またはいくつかの主要なフットボールクラブの「socios」に触発されています。「Socios 2.0」と呼ばれるこのプラットフォームは、単にこの管理モデルのデジタル化を表しています。

Railsbankについて

Railsbank(www.railsbank.com)は、あらゆるビジネスやブランドをフィンテックにすることを可能にします。同社は、Banking as a Platform(BaaP)とFinancial Services as a Platform(FSaaP)の分野におけるパイオニアであり、イノベーターであり、消費者や中小企業のための金融の未来を定義しています。

Railsbankは、マーケッター、プロダクトマネージャー、開発者、CEO、創業者が、そのオープンな金融プラットフォーム、運営、規制当局のライセンス、シンプルなAPIの豊富なセットを使用して、金融商品を迅速にプロトタイプ化し、立ち上げ、スケールアップすることを可能にしています。RailsbankのAPIは、顧客が想像できるほとんどすべての金融ユースケースを構築することを可能にするビルディングブロックであり、顧客は消費者や企業に楽しい金融体験を提供できることを意味しています。

2016年にシリアルアントレプレナー、フィンテックのベテラン Nigel Verdon と Clive Mitchell によって設立されました。