ユベントスのファン・トークン・オファリング(FTO)開始/Socios.comアプリ内決済サービススタート

本日(11月28日)はスポーツ/エンターテイメントファンにとって新たな時代の幕開けとなるでしょう。弊社が開発するファン投票&報酬プラットフォーム「Socios.com」で記念すべき初のファン・トークン・オファリング(FTO™)が開始され、アプリ内決済サービスの可動を開始しました。セリエA王者ユベントスは世界で初めてトークン化されるフットボールチームとなるのです。

ブロック番号#345511内の許可型PoA(権威の証明)チェーン上に2000万枚の$JUV(ユベントス)ファントークンがミントされたことをお伝えした10月末のニュースに続く発表となります。ユベントスファントークンのサプライは2000万枚までと限られており、全枚数が売れたとしても追加発行はされません。総サプライの2000万枚のうちの大部分がFTOで販売される予定です。$JUVの初期単価は約2ユーロとなります(購入時の$CHZのレートによって異なる)。$JUVの価値はMarketplace機能がローンチされた後、その需要と供給に応じて変動します。また、ファントークンはファン同士でのトレードが可能となります。

数週間の間で既に$CHZをデポジットしていただいている方々がいらっしゃいました。そして昨日(11月27日)にアプリ内決済機能がローンチされた際には、世界中のユーザーがユベントスFTOに向けてフィアットで$CHZの購入をしてくださいました。過去数週間でAndroid版だけでも3万人近いユーザーを獲得することができました。そしてアプリ内で$CHZを法定通貨で購入してくれた方々が私たちにとって本当の意味での「初めてのお客様」となりました。

これまでも沢山の苦労がありましたが、私たちの歴史において最も重要なフェーズに差し迫っている中で、歩んでいる道は決して間違っていないと確信を持っています。現在はまだテスト段階(バグ修正等)ですが、世界最大(そして最良)の一般消費者向けブロックチェーンアプリを作り上げるためにはとても重要な一歩だと考えています。2020年のQ1には登録ユーザー数10万人を達成できるでしょう。その時に初めて1年後の目標である100万人という数字が見えてきます。

そういった目標を一つずつ達成していくことにより、Socios.comのポテンシャルを長期的に実現させることができるでしょう。そしてそこまでの道のりには、様々な苦労が待ち受けていることも私たちは知っています。

以前もお伝えした通り、パリ・サンジェルマンとアトレティコ・マドリードのFTOは1月下旬に開始いたします。それに続きウェストハム、ガラタサライ、そしてASローマのFTOが2月に開催されます。OGのFTOは3月の開催を予定しています。

7つの初期提携クラブチームの他にも、数十のクラブチームをSocios.comファミリーに迎え入れる準備はできています。2019年末までにフットボール以外のスポーツチームが発表されるかもしれません。

アプリはAndroidとiOSどちらでもお使いいただけます。iOSユーザーの方はTestflight からアプリのベータ版の使用申請を行っていただけます。

Chilizコミュニティーの皆様の継続的なご支援と応援に対して、感謝を申し上げます。

質問等がございましたら、是非テレグラムグループにご参加ください:https://t.me/chilizjapan

長くなってしまいましたが、お読み頂き有り難う御座いました!

Chilizチームより